多重債務に陥ってしまう流れとは

複数の金融機関からお金を借りていることを多重債務と言いますが、このような状態に陥るのには流れがあります。多重債務に陥ってしまう流れを知り、自分がそうならないように注意しましょう。

多重債務になるきっかけは、些細なことからです。ちょっと借りてある物を買ったとか、今月の生活費が足りなくなったので、その分を補うために借りたという理由でカードローンなどに手を出してしまいます。

翌月に一括で返済してしまえば問題ないのですが、返済は毎月1万円ずつというように、分割払い(リボ払い)にするのが問題なのです。リボ払いだと月の支払いは少なくて済むので、つい追加で融資を受けたり、他社にローンを申し込んだりしてしまうと、徐々に残高は増えていきます。しかし借入総額がいくらなのかをチェックしなくなってしまいがちです。

あちこちの金融機関でお金を借りていたら、いくら1万円ずつのリボ払いでも、月々の返済額も増え、生活に支障をきたすようになります。月々の返済をするために他社からまた借りるようになると、多重債務者となってしまうのです。

多重債務にならないためにはどうすれば良いか

多重債務者にならないためには、フリーキャッシュフロー(家計の収入から支出を引いたもの)をプラスにしていかなければなりません。マイナスの状態で借入となると、多重債務者になる可能性は高くなるでしょう。

このようにならないためには、家計を改善してフリーキャッシュフローをプラスにしていくようにしてください。ただ、全ての借金が悪いわけではなく、良い借金なら問題はありません。良い借金とは資産を買うための借金(住宅ローン)、起業のための借金、勉強をするための借金(奨学金)です。一方、悪い借金というのは、遊びのためや生活をするために借金をすることです。